変わり身の早い女・・・になりたい?

土曜日は三味線のお稽古でした。

師匠とのお稽古は、大体歌舞伎の話から入ります。今月は歌舞伎座でやっている「月光露針路日本(つきあかりめざすふるさと)風雲児たち」のお話。

これは、みなもと太郎さんの漫画「風雲児たち」を三谷幸喜さんが歌舞伎化したものです。

ストーリーは、伊勢の船乗りたちが、江戸の向けて出航したところ、暴風雨に流され8ヶ月漂流、アリューシャン列島のアムチトカ島に漂着。そこからカムチャッカ半島→オホーツク→ヤクーツク→イルクーツク→モスクワ、そしてついにサンクトペテルブルグへ行って女帝エカテリーナに謁見、見事日本へ帰るという・・・・

これ、実話よ!

こんな日本人がいたなんて!1700年代の終わりに!

なんて話で盛り上がっているところへ、師匠の「じゃ、そろそろ弾いてみましょう」の声で我に帰る私。

そうでした。私はお稽古しに来ていたのでした・・・

脳が雑談一色になっとる・・・!

いつものことだけど、ここから演奏に集中するのが大変!

そして、苦手なところでは見事に緊張してしまう!

この緊張を超えるには、相当な練習量と「ここまでやった」感が必要なんだが、今さら言っても遅い状況!

何が言いたいかというと、三谷歌舞伎はおもしろいよということです。ちょっと下品なわんちゃんたちが好きです。

そして、もうちょっと練習しまーす。