すごく高くついたスマホ

連休中に新しいスマホを買いました。スマホが壊れたのが夏真っ盛り、もう鈴虫の鳴く季節になりましたわい。

新しいスマホのお金を支払おうとしたら、ショップの人が「あれ、前の料金が残っていますね〜」

旧のは48回払いにしていたのですが、3年3ヶ月で壊れたので、まだ残代金が残っていたわけです。

私がスマホって長持ちすると思い込んでいたのは、この48回払いもあったと思う。

それが3年でオシャカに。支払い回数より寿命が短かったなんて笑い話。

前のはもともと値が張るやつだったんですが、データ復旧代金も含めると目玉が飛び出るほど高くついちゃいました。くそー。

おかげで、今回のは安いぞ。(お金なくなった)

データ移行はショップの人にお任せすればいいのかと思ったら、サポートセンターに電話して、その人の指示でお客さんがデータ移行するんだとか。

んん?

な、何と、私は家の固定電話で話をし、私のスマホ画面をサポートセンターの人が遠隔で見守り指示を与えるという新しい試み!

なぜこんなまどろっこしい手法かというと「個人情報保護のため」だそうですが、遠隔でも画面を見られているし、何を保護しているんでしょう?

サポートの人、口だけ出して手を出せないって、さぞイライラするでしょう・・・思いっ切りイライラさせた気がします〜。

ここで問題発覚!

旧スマホのデータは、復旧業者によってSDカードに入っているんですが、旧LINEと新LINEをつなぐパスワードがSDカードに入っていなかったことが判明!

よくわかんないんですが!

旧のLINE履歴を捨てて新たに始めれば問題ないんですが、私は旧の履歴も復旧させて新に移行させようと思いました。それをつなぐパスワードを業者が入れ忘れていた・・・そうです(サポート要員の受け売り。この理解でいいのか不明)

道は長い・・・時代についていくのは大変だ・・・

 

 

ふう

前のふうちゃん。まだ写真をブログに取り込むアプリが準備中〜。

「早くしてにゃ」