講談、二重にがっかりしたこと

 

一昨日の講談発表会の映像を見てみました。

 

正直、自分の映像を見るのはつらい。まして今回は、トチりや言葉に詰まったところもあって、特につらい。でも、日をおかずに見ないと永遠に見ない気がする。

 

現実を直視しないと上達もないよ!いいのか自分!よくないよな!自分を奮い立たせます。

 

相変わらずまばたき多くて、早口で、ああ、ここトチったなーと思いながら視聴しましたが、その後更に追い打ちをかけることが・・・

 

何と!!

 

残り30秒のところで、映像が切れているぅぅ!!

 

「どうもカメラの設定が、15分程度で切れるようになってるみたい」と夫。

 

15分どころか、13分53秒で切れてるけど??

 

夫よ、そのカメラ長年使っているのに、「切れるみたい」って、今頃言うことか?

 

じゃあ、今まで、録画OKのライブとかはどうしていたの?と聞くと、15分を超えて録画する機会がなかったと。

 

そして、今までの発表会はたまたま撮れていたのだろうと。三味線とか、長くなりそうなときは、途中で切って、素早く録画ボタンを押していたこともあったとか。

 

いつも録画は夫にお願いしてきたけど、そんな偶然と細かい努力を積み重ねていたとは・・・

 

「巴御前」と「真田幸村」は13分53秒以内だったということ?

 

どっちにしろ、二重にガクッときてしまいました・・・

 

念には念を入れないと駄目なんだなー。せめて録音もしておけばよかった。

 

表現力がないのなら、暗記ぐらいは努力できたのに・・・

 

発表会の準備はやり過ぎぐらいでちょうどいい。三味線に生かします。