講談の発表会が終わりました・・・女性が楽しい「お歌合わせ」

 

前回のブログから少しあいて、、、講談の発表会が終わりました!!

 

この時期は仕事が忙しく、先月、三味線の発表会もあったりしましたが、無事終わってホッとしています。

 

今回のは「お歌合わせ」という、大変楽しいお話でした。

 

元禄時代の柳沢吉保のお話。160石の零細旗本から、22万8千石の大大名に出世、遂には老中主席の大老にまで昇り詰めた人だそうです。

 

大老というのは今日で言う総理大臣、つまり、地方議員から総理大臣になったという感じ?

 

そんな出世する男の陰には賢い奥さんがいて・・・という、ざっと言えばこんなお話。

 

講談は女性が出てくることが少ないんですが、このお話は、柳沢吉保の妻のおさめ、そして五代将軍綱吉の母、桂昌院が重要人物として出てきます。

 

しっかり者のおさめ、穏やかでいて怒らせると怖いタイプの桂昌院。柳沢吉保もお調子者で終始ブレがないし、とにかく、人物全員楽しい。役になり切るって楽しいんですねー。

 

ま、本番ではちょっととちったんですが、いいとしよう😆

 

コロナも終わって、発表会には新しい人が何人か増えていました。

 

講談メイトの皆さんとの他愛のないおしゃべりも良かったです💕

 

お天気もよく、着物日和でした!