新年会は「佃(つくだ)」と「騒ぎ」で始まりました(その1)

 

1月19日、劇酒場・忠臣蔵にて杵屋栄之丞門下の新年会が開かれました!

 

イラストは師匠と一期生、チューピーこと杵屋勝四寿(きねや・かつしず)さんです。

 

勝四寿さんは唄担当なので猫ではなく、本人のキャラからネズミになっています。(わかりにくい説明になってしまいました笑)

 

オープニングは、忠臣蔵オーナーの松元信太朗さんも交えて「佃(つくだ)」と「騒ぎ」という曲で始まりました。

 

「佃」は三味線の基本、「ひいて、すくって、はじく」だけのシンプルな曲で、勘所を移動することで川の流れの情緒が味わえます。

 

「騒ぎ」は盛り場の曲。賑やかでわい雑な感じで、クセになるメロディーです。

 

イラストを描こうと思ったんですが、人数多くて紙におさまらなかったので、後日描くかもしれません・・

 

続いて、一期生による「唄入り踊り地」「向こうに見ゆるは」です。

 

一期生は、みんなお芝居が大好き。いつも歌舞伎の話で盛り上がっていて、それが選曲にも反映されています。

 

「向こうに見ゆるは」は、役者さんが出てきたときの唄だそうで「向こうに見ゆるは ありゃさ 丸に二引は ありゃさ あれは松嶋屋さんの紋所 仁左衛門 ささささ 仁左衛門」

 

これを役者さんに合わせてバリエーションつけるそうで、私は初めて知りましたが、楽しい曲です!

 

今回は一期生ご贔屓の仁左衛門さんの歌詞で、チューピーさんの唄つき。

 

師匠が歌舞伎座で弾いているので、ある意味弟子らしい弟子と言えるんじゃないかな?

 

続く・・・