ウオノメ、名医に診察を受ける

 

先日、ウオノメ治療のため、名医のもとに行きました。

この先生は何ゆえ名医かというと、私は10年以上前、湯たんぽで低温火傷してしまったのですが、跡も残さずきれいに処置してくれたからです。

「低温火傷は、とろ火で煮込むから、普通の火傷より治りにくいんだよ」

と言いながら、せっかく治りかけた傷口の、健康な皮膚との国境線の皮をベリベリ剥いてくれました。

おかげで、傷口が変に盛り上がったりせず、ちゃんと普通の皮膚と陸続きで治りました。

ドクターは私より年上なので、まだやっておられるかなーと思ったら、元気に診察していらっしゃいました。

「ああ、確かに、中に魚の目の芯があるね。

魚の目って、皮膚の同じところが刺激を受け続けて、硬くなった芯の部分が皮膚の内部に当たるから痛いの。

ドクターショールっていう、真ん中に穴があいたパッドがあるから、それをしばらく貼っておいてください」

と言いつつ魚の目の表面をナイフで削り、10分足らずで診察終了。

え?これだけ?液体窒素とかないの?(ネットに載ってた)

拍子抜け〜。

でも、名医の言うことだから、帰りにそのドクターショールを買って帰りました。ドラッグストアにフツーにあって、9個入り。1個は2日は使えます。

毎日貼って、お風呂上がりにはカミソリでウオノメの皮を薄〜く、そいでいたら、妙に楽しくなって、趣味になりそうです。

が、肝心のウオノメもどんどん小さくなって、物足りないぐらい。

こんなに簡単に治るなんて・・・やはり名医だったなー。

ふう