合同稽古会、無事に終了

きょう、プチおさらい会・・・じゃなくて合同稽古会という名前だったわ。

やったことないからちょっと想像がわかなかった。

師匠と弟子が三味線弾いて、杵屋勝四寿さんが唄をつけてくれます。

やっぱり唄があるだけで全然違う!!「船弁慶」みたいなストーリーがあるものは特に!!

一回弾くと、師匠から「ここの間はちょっと〜だったね」みたいな講評が入って、じゃあもう一回唄とともに弾いて・・・これが楽しいんです!そして、他の人はその様子を見ているのでちょっと緊張する!

合同稽古会って、おさらい会とお稽古の中間みたいな感じ。

現代のお稽古は、自分のお稽古は自分のことだけやってさっさと帰ってしまうので、他の人のお稽古を見る機会がないんです。昔は、いろいろな人のお稽古を見て、注意されていることとか、弾いている曲とか、学ぶことがいろいろあったんですが。

参加したのは私の他に3人ですが、個別お稽古の後はみんなでチンチリレンを弾きました。金、土で練習しといてよかった。

お稽古終わったらみんなで三味線談義。私にしても、普段はお稽古に行って帰る、師匠とだけ話しましたという直線コースで、ほかの人と話す余裕もないんですが、三味線仲間とお話しできてよかった!

ちょっと普段と違うお稽古スタイルでした。

おさらい会は8月にあるよ〜

ふうちゃんの更新待っててね〜にゃーお。

ふうちゃん