発表会、いよいよ明日にゃ〜

 

ピアニストの仲道郁代さんが、新聞コラムに「弾ける」ことと「演奏する」ことは自分の中では別のことだと書いています。

 

「演奏する」こととは、楽譜をただ奏でればよいというわけではなく、作曲家と別の人間の考察により曲の本質を浮かび上がらせ、その作品にふさわしい音を表現することだと。

 

自分の最上最の形で一回のコンサートの場で表現するために、練習のプランニングを練り、工程表を作り、公演までに自分は演奏できると思えるか・・・と緊張の日々を過ごすと、短い文章ながら、演奏家の毎日の在り方が書かれています。

 

最後の文章が美しいです。

 

「そうして極限まで準備を重ねた後に、コンサートでは“降りて”来るのだ。」

「自分が演奏していることも超越した、鳥肌が立つような瞬間。ただただ音楽の神に仕えているとでも言おうか、美しさの本質に邂逅できたと感じる瞬間。そんな境地に私はずっと取り憑かれている」

 

私も、いつかここまで深く演奏に向かえたらいいなと思います☺️

 

コラムには、コロナ禍の最初の約半年、公演が次々中止になり、ひどい不全感に苛まれたこともあると正直に書かれています。

 

レベルが全然違うんですが😄😄😄私たちの発表会も延期に延期を重ね、明日、1年7か月ぶりに開催されます。いよいよです!!

 

仲道さんのコンサートに行ってみたくなったにゃ〜