ふうちゃん物語エピローグ1 クーの巻

おまけ:旅に出たクーですが・・・

 

クーは、知らない街の知らない公園にいました。その公園は、クーが育った公園と同じぐらいの大きさで、町外れにありました。

 

縄張りの法則1;初めて行く公園では先住猫を観察する。

 

クーは物陰に潜んで目立たないように観察していました。

 

そろそろ夕方になって涼しい風が吹いてきました。「ご飯だ!」「人間が来た!」先住猫たちが集まってきました。

 

先に食べる先住猫たちを見ていると、三毛猫で、尻尾の短いのがいて、クーは思わずじっと見つめていました。

 

縄張りの法則2;ご飯のときは後から。

 

先住猫が食べ散らかした残り物を少しだけクーが口にしていると、

 

「ね、あんた、さっきあたしを見てたでしょ」さっきの尻尾の短い三毛猫が話しかけてきました。

 

「いや、見てないよ」クーは三毛猫をちらっと見て言いました。

 

「うそ。見てた」

 

「知り合いに似てたからね」

 

「それ、あんたの想い猫?」いたずらっぽく言ったときの目元がまた似ています。

 

「ううん。そいつは君みたいに大人っぽくないよ。甘ったれで無鉄砲で、食い意地は張ってるし」

 

三毛猫はふふっと笑って、「あたし、ルナっていうの」「クーだよ」

 

二匹が何となくいい雰囲気になったとき、「ちょっとーぉ、ルナ、さっきから誰と話してるのよーお」「あーっ、ルナのやつまた若いオスと・・・トラに言いつけてやろーっと」先住猫たちが興味津々にぞろぞろと寄ってきました。

 

やれやれ・・・ここの猫たちもおせっかいでおしゃべり好きなんだな、しばらく退屈しなくていいやとクーは思いました。

 

あたりがうす暗くなって、夜の風が吹いてきます。猫たちの集会はまだ始まったばかり。

 

ふう